趣味について綴っています。

アニメーション

動画や駒撮りによって沢山の静止画を連続して使い動きを作りだす事をアニメーションと言います。
私達の身近な言葉ではアニメと言われています。
アニメーションの言語由来には命のないキャラクターに命を与え動きをだすという意味があります。
アニメはテレビや漫画で楽しむ事が出来ます。
日本ではアニメーションを漫画映画やテレビ漫画と表現していた時代もありました。
アニメーションの製作にはフィルムシートが使われ、動かない背景の上にセル画という透明フィルムシートを使い動きをだしていました。
現在ではパソコンの登場でコンピューターが発展しデジタルアニメが主流になりました。
コンピュータを使ってアニメを製作するようになります。
ソフト開発なども進みCGアニメーションと言われるパソコン上で一連の動画を仕上げる手法も取り入れられ、アニメ製作の技術が発展しました。
他にもパラパラ漫画、別名をペーパーアニメーションと言います。
重ね合わせて書く事が出来ない為、背景からキャラクターを紙一枚一枚に少しずつ動きを変えて、絵を書き完成したところで一気に紙をパラパラとめくるパラパラ漫画は、誰もが挑戦した事があるのではないでしょうか?最近ではクレイアニメといって粘土を使った駒撮りアニメーションもよく目にします。
粘土なので少しずつ動きをかえやすいです。
三脚にカメラを構え、少しずつ動きをつくったら一枚ずつ写真に収めていきます。
それをプレビューすると動いているように見えます。
細かく動きを写真に撮ればそれだけ動きも滑らかになります。
また、粘土のやさしい世界観があります。
アニメーションには沢山の可能性があり、世界があります。
冒険にでたり、未来へ行く事もできます。
空をとぶことだってできたり、沢山の世界で私達を楽しませてくれます。
アニメーションは身近にあり子供から大人までが楽しめるエンターテイメントです。